スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルスにドニー・ムーアの呪い?

  • 2008/10/05(日) 11:02:45

エンジェルスにかかった呪いは、今年も晴れることはないんすかねぇ・・・。

ALDS第2戦、レッドソックス先発の松坂に対して「消極的になるわけにはいかない。しかし、彼と対戦する時は我慢強くなり、球数を多くしなければならない。こちらに有利なカウントとしてから勝負することも大事」と戦前に攻略への自信を覗かせていたエンジェルスのマイク・ソーシア監督だったわけっすが、確かに松坂への白星献上こそ阻止したものの、5-7でレッドソックスの前に屈してしまったんすね。
この試合、エンジェルスは初回に4点を失い、4回終了時点で2-5と劣勢に立たされていたわけっすが、ここからハンターのタイムリー、ナポリの押し出し、テシェイラの犠牲フライと巡ってきたチャンスを手放すことなく同点に追いついたんすね。しかし9回表、守護神にして今季62セーブを挙げてメジャー記録を更新までしたフランシスコ・ロドリゲスが、1死2塁の場面から腰痛に苦しむJ・D・ドリューに決勝2ランホームランを浴びる信じられない展開でこの試合を落としたんすね。
松坂にとって、対戦したアリーグのチームの中で唯一勝ち星のない相手がエンジェルスで、今季3敗を喫した試合の一つは7月28日のこのカードでもあったんすね。この時は待球作戦にまんまとはまり、6回途中までで91球も投げさせられた末に6点を奪われて負けてます。それだけにこの試合はエンジェルスに対する何かを払拭するいいチャンスになるはずだったと言えるんですが、残念な結果になってしまいました。
しかし、この試合はレッドソックスにとっても松坂にとっても興奮を呼び起こす結果になってます。そう、今と同じカードだった去年のALDS第2戦で先発した松坂は4回途中3失点で降板したあの試合の再現になったからなんすな。この時は3-3の同点で迎えた9回に今はドジャースにいるラミレスがやはりフランシスコ・ロドリゲスからサヨナラ3ラン本塁打を放って勝利してます。なので「すごかった。相手投手も同じでボクが不調だったのに(も関らず)、チームには大きな1勝になった」と松坂がコメントした理由もよくわかるわけっす。

これでレッドソックスは昨年のALCS第5戦からポストシーズン9連勝を達成、一方エンジェルスタジアムで連敗を喫したエンジェルスは窮地に立たされることになりました。というのも、過去の地区シリーズで連敗から3連勝したケースはたった5回しかなく、しかもエンジェルスと同じ本拠地連敗から勝ち抜けたのは、なんと2001年のヤンキースしか例がないんすね。今季メジャーで唯一100勝を挙げたエンジェルスがここで消えるのなんてにわかには信じられない話っすけど、しかし彼らにはもう一つ無視できない「呪い」があるんですねぇ、これが・・・。

実はエンジェルス、ことポストシーズンに関してはレッドソックスに11連敗を喫しているんすな。そのきっかけとなった試合があの伝説の一戦だったんすねぇ。
時は1986年に遡ります。当時のメジャーは2リーグ2地区制で、エンジェルスはレンジャースを振り切って西地区を制します。一方の東地区はヤンキースとのデッドヒートを制したレッドソックスで、どちらがワールドシリーズに進んでも盛り上がる展開になるとみられていました。何故なら、エンジェルスにとっては初めての栄光、レッドソックスには「バンビーノの呪い」を今度こそ払拭するチャンス、ということになるからです。
ボストンで始まったシリーズは1勝1敗でアナハイムへ移り、ここでエンジェルスが連勝して一気に王手をかけてしまうんすね。しかも第4戦が延長11回の末のサヨナラ勝ちということで、いい波がエンジェルスに来ていることは誰の目にも明らかだったわけです。
第5戦はレッドソックスが2点を先制したもののエンジェルスが6回に逆転、更には7回にも2点を追加して5-2とリードしたんすね。迎えた9回表、マウンドには先発のボビー・ウィットが立っていましたが、1死からドン・ベイラーに2ラン本塁打を浴び、エヴァンスを三塁フライに打ち取ったところで降板、代わったルーカスがエヴァンスに死球を与えると、エンジェルスベンチはこの年21セーブをマークしたドニー・ムーアをマウンドに送るんすね。あと1アウトで初のワールドシリーズ進出というこの場面で、しかし打席に入った「ミソっ歯」デイヴ・ヘンダーソンの打球はなんとレフトスタンドに吸い込まれる逆転2ランホームラン・・・。その裏、エンジェルスもウィルフォンのタイムリーで同点に追いつきますが、11回表にまたまたディブ・ヘンダーソンがムーアから犠牲フライを打ち上げ、これが決勝点となってエンジェルスは試合を落としてしまいます。
ここから波は完全にレッドソックスへ移ってしまい、ボストンでの6戦、7戦を10-4、8-1で勝利して1975年以来11年ぶりのワールドシリーズ進出を決めるわけです(しかし、メッツと戦った第6戦であんなエラーが待っていようとは・・・)。
千載一遇のチャンスを逃したエンジェルスには、この後更なる悲劇が待っていました。逆転を許し、同点に追いついてもらいながら同じ打者にまたやられてしまったムーアは、翌年から別人のようにパフォーマンスを降下させ、結局1988年のシーズン中に解雇されてしまうんすね。その翌年、ロイヤルズでメジャー復帰を狙うもののそれも果たせなかった彼は、なんと自分の家族に3発の銃弾を発砲し、最後には自分自身に銃口を向けて自殺してしまうんですね。もちろん、元々彼には精神的に不安定な部分があったのかもしれませんが、ヘンダーソンに浴びた本塁打が彼の人生の何かを変えたことは確かだったし、あの一撃であらゆるものを失ったエンジェルスにとっても、この事件は暗い影を落とすようになったんですな。

あの凄まじくも残酷だった試合から22年、エンジェルスは2002年にワールドチャンピオンに輝いた上、強さで売るチームとしてア・リーグ西地区に君臨し今に至っていますが、カリフォルニア・エンジェルス時代の負の遺産、すなわち10月にはレッドソックスに勝てないというジンクスは今もひっそりと息づいている?というわけなんですね。メジャー記録となった「同一チームにポストシーズンで11連敗」を更新して終わることだけは避けたいでしょうが、果たして・・・?

スポンサーサイト

レイズ、怒涛の2連勝!

  • 2008/10/05(日) 11:01:06

「オレら、リラックスした仲間なのさ。クラブハウスでも緊張とは無縁だし、とにかく楽しんでるのさ、だからこうして今があるんだよ」
8回裏にタイムリーヒットを放ってチームに5点目をプレゼントし、更にはナヴァーロの二塁打で6点目のホームを踏んだロッコ・バルデリのこの言葉に、今のレイズがいかに乗っているかがはっきりと表れているように思えます。
創設11年目で初のプレイオフ進出、それだけでもここまでのレイズを知る人にとっては信じられない現実っすが、そんな彼らがホワイトソックスとのALDS第2戦も6-2で勝利しシリーズに王手をかけたとなれば、もはや実力を正当に評価しなきゃいけない事態になっていると言えるんじゃないすかねぇ。しかもこの試合の勝ち方が、実に今年のレイズらしいものだったわけっすから。

レイズはこの試合にエースのスコット・カズミールをマウンドに送っています。しかし彼の投球は初回から大荒れで四死球とヒットでいきなり無死満塁の大ピンチを迎えると、4番のコナーコこそ内野フライにしとめますが、続くジム・トーメにあっさりライト前へ運ばれて先制点を許し、更にはラミレスにも犠牲フライを打ち上げられて立ち上がり早々2点を失ってしまったんすな。
しかし、若いレイズベンチの中でもローテ投手最年少の24歳であるカズミールに対して、マドン監督は「辛抱するんだ、私が考えていたのはそれだったんだ。我々には彼があの場面を切り抜けてくれることがとにかく重要だったんだ。もし彼が乗り切ってくれるなら、きっと落ち着いてくれると思ってたからね」というスタンスをとります。これが第1戦を勝利した余裕であると共に、カズミールに目処が立たなければ今後のレイズは立ち行かないという彼への信頼の成せる業だったと見る事もできるのではないっすかねぇ。

試合は2回にヒットとエラーで迎えた1死2塁の場面でナヴァーロがライト前にタイムリーを打ち返してレイズが1点差に追い上げると、5回には1死からレフト前ヒットで出塁したバートレットを1塁に置いて打席に入った岩村が、なんとレフトスタンドに打球を運んで逆転に成功します。
一方、マドン監督の期待に応えたカズミールが合計8安打を許しながらも初回の失点のみで6回1死に降板、ブルペン陣がホワイトソックスの攻撃を凌ぎながら迎えた8回裏にはクロフォード、バルデリ、ナヴァーロがタイムリーを放って3点をゲット、実にレイズらしい「機関銃による集中砲火」で勝負を決めたんすね。

7回からの2イニングを1安打無失点で切り抜けたJ・P・パウエルは「オレ達が戦っている相手はシカゴ・ホワイトソックス。経験豊かなベテランのチームなんだ。復活できるし、その気にさせれば3連勝だって簡単にしてしまう。オレたちはこれまでやってきたように、突き進まなきゃいけない」と早くも2ホールド目を挙げた好投の後に、気を引き締めるコメントを出しています。若い選手が好調の波に乗っていると、(近鉄の加藤のように)ポカを犯すこともありそうっすが、そのあたりもきっちりコントロールできているという感じっすね。隙がないっす。
一方、ホワイトソックスのギーエン監督は「壁にぶちあたったな。キャットファイトしなきゃならんわ。いよいよ次は勝たなきゃいかん試合だからな」と毎度の強気発言を見せてますが、打線がレイズと同じ12安打を放った上、ジャーメイン・ダイが4安打をマークしたというのに2回以降0点に抑えられた内容にはショックを感じてるのではないでしょうかね。しかもそのダイが終盤の7回、9回にヒットで出塁した時には共に先頭打者だったというめぐり合わせの悪さもありましたから・・・。

それにしても、2試合連続の打点に加え、打率を.375とした岩村の活躍は大したもんですな。今季は非常にスリムなイメージで、マドン監督が求める「1番打者だからフライは無用」という注文を忠実に守ろうとしている姿は、ヤクルトファンのおいらから彼が神宮で3番を打っていた時代を消していく悲しさもあるんすけど、ここまでの彼にはとにかくグッドジョブ!と声をかけてあげたいところっす。それだけに彼自身が「行ったなぁ、ってわかってた」と振り返った逆転の一打は、ヤクルトのユニを着た彼を思い返す一撃で嬉しかったりします。

しかしレイズ、強いわ!

ヤンキースのキャッシュマンGM、井川は失敗だったと語る

  • 2008/10/05(日) 11:00:04

ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが就任後初めて訪れた「試合のない10月」を迎え、珍しく自らの仕事ぶりを反省するコメントを出してます。まぁ、彼の評価も1998年からのワールドシリーズ3連覇を頂点に、ここ数年は単なる拝金主義者というものに変わり果て、今やヤンキースはつぎはぎだらけのオジサン集団と化してしまっているわけで、いつ切られてもおかしくない状況とも言われていますから、仕切り直しの意味でもネガティブな物言いは必要だったのかもしれないんすけどね。

キャッシュマンGMは2006年12月にポスティングシステムを経由して獲得した井川について「失敗だった」と語りました。一応「彼は3Aでなら存在感を示す投手だ」とフォローは入れてますけど、それが5年間、年俸総額2000万ドルの価値を裏付けるものではないことなど明白なわけっすね。しかもこれとは別に阪神へ支払った2600万ドルもあるわけで、昨年ロジャー・クレメンスに支払った約1800万ドルと並ぶ救いようのない悪しき選択の象徴と言える獲得劇と批判されている点を自ら認めていることを明かしたんすね。井川はここまでメジャーでは16試合に登板し2勝4敗、防御率6.66という悲惨な数字しか残せていません。左投手有利と言われたヤンキースタジアムを本拠地にしていたのにこの有様では、確かにキャッシュマンGMもこう述べるしか手段がないとは言えるんすけどねぇ。
続けて彼は「日本人投手のスカウティングは難しい。ビデオを使ってはいるが、もっと目が必要だ」として、決定に至るまでのプロレスを見直す必要があることも明かしています。このコメントを岡島の獲得でまた評価を高めたレッドソックスのエプスタインGMや、無難な選択で斉藤の活躍を生んだドジャースのコレッティGMが聞いたら腹を抱えて笑うんじゃないかと思いますが、合わせてキャッシュマンGMが非常に淡白な情報収集しかしていなかったこともはっきりしたわけで、彼がヤンキースGMとして適正な資質を本当にもっているのか?という疑問も浮き彫りになったんじゃないかと思うんすね。
取りあえず今後の展開としてスカウティングスタッフを日本に置く期間を延ばすなどの措置をとることを決めているそうなんすが、少なくとも伊良部との契約とその後の放出劇から何も学ばないままここまで来てしまっていたと言えるのではないのかなぁ、と感じます。現在は一線を退いているジョージ・スタインブレナーが、ポスティングシステムで桁が1つ低い額で入札を行いマリナーズへ持っていかれ、結局新人王になったイチローの活躍を見てキャッシュマンGMに激怒した気持ちが、今になってよくわかるような気もしますしね。

その一方で「ワールドチャンピオンを経験しないまま去る選手もいるだろう」と話し、遮二無二かき集めてきた選手達との契約延長について厳しい態度で臨むことも明かしています。このオフにはジェイソン・ジアンビ、ボビー・アブリューマイク・ムシーナ、アンディ・ペティートがFAとなるわけですが、高齢化が更に進む中でどうチーム構成を変えていくかが下り坂のヤンキースにとっては今後数年の動きを決める極めて重要な選択になることは確実で、単なる入れ替えだけではない超長期的な視野を持った動きができるかどうかには注目したいところなんすね。しかし、現時点で(クスリの使用と共に)神通力が消えたジアンビとアブリューについては契約延長を考えていることを示唆しているあたり、本当に大丈夫なの?という感は否めないんすね。その為、焦点となっている「ジアンビが去った後の一塁をどうするか?」という命題についてもキャッシュマンGMは「一塁はこれから練習する選手より、既に一塁手である選手を置きたい」と語り、ジアンビとの再契約を考えていることを裏付けてもいるわけです。これによって噂されている松井やジョニー・デーモンのコンバートは考えていないこともはっきりしたことになりますが、来年が契約最終年となる松井にとってこの発言が持つ意味は非常に重いと言えるんじゃないかと思います。外野のポジション獲りを焦ってまた膝を故障でもすれば、もう引退しか手がなくなりそうですもんねぇ。

何にしても、井川は残り3年を飼い殺されて終わることは濃厚なようっす。このオフの目玉と言われているブリュワーズのC・C・サバチアがやってくれば、トドメのトドメを刺されたってことになるでしょうなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。