スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井口移籍について、あれこれ書いてみる

  • 2007/07/29(日) 17:11:23

とにかく、井口のファンは間違ってもホワイトソックスに捨てられた、なんて思ってはダメ、ということである。

7月27日、フィリーズとホワイトソックスの間でトレードが成立したことが発表されている。これにより井口と1Aの右投手マイケル・デュビーがユニフォームを着替えることになったのだ。
今季、日本人選手がシーズン中にトレードされるとすれば、それはマリナーズのイチローだ、という見方が最も強かったのだが、円満に残留が決定して以降、レンジャースの大塚と共に7月31日のトレード期限まで目が離せないとされていたのが井口だった。というのも井口は、今季で3年契約が終わる上に90試合に出場して打率.251、6本塁打、31打点と打撃が不調をかこっていた上、守備の乱れも顕著となっていたことから、現役時代に名ショートでならしたオジー・ギーエン監督は度々井口について苦言を呈する状況になっていたからである。しかも、今季は投手陣の不調から地区4位に沈んでいるホワイトソックスだけに、FAとなる井口と再契約はせずに若手で補い、ここで浮く金を投手、特に中継ぎ陣の充実に充てるだろうという話は、規定路線として囁かれていたのだ。
こうした背景の中で、7月26日に事件が起きた。この日、対ナショナルズ戦に出場していたフィリーズのチェイス・アットリー二塁手が死球を受け、右手が骨折していると診断されて故障者リストに入ってしまったのだ。アットリーは打撃好調のフィリーズ打線にあって、本塁打と打点で昨年のナ・リーグ二冠王となったライアン・ハワードと3、4番コンビを組む若き主砲で、今季ここまでメッツ、ブレーブスと三つ巴の地区優勝争いを展開しているフィリーズには欠かすことのできない存在となっている。何せアットリー、ここまで打率.331、17本塁打、82打点をマークしているのだから。そのアットリーがまさかの戦線離脱となったところで動いたのがホワイトソックスのウィリアムスGMだった。彼は悪夢の試合が終わった1時間後にフィリーズのギリックGMに電話を入れ、トレードを交渉をもちかけたのである。

井口にトレードの通告がされたのは27日の対ブルージェイズ戦が始まる前で、これを受けて井口は帰宅し、フィラデルフィア行きの準備を始めている。この話はすぐにホワイトソックスナインの知るところとなり、特に2005年のワールドチャンピオンの喜びを共に分かち合った選手は、一様にショックを受けたとコメントしているが、その中で特に別れを惜しんだのが誰あろうギーエン監督だった。彼は「井口と話すと泣いてしまうから」と、球場を離れる井口を黙って抱きしめ、送り出している。

一方、井口を迎えるフィリーズの面々は、歓迎ムードを醸している。その中でもほっとした表情を見せたのが、かつてヤクルトと近鉄でプレイし、赤鬼と呼ばれたチャーリー・マニエル監督である。彼は「井口はいい選手だね。チームを助けてくれると期待してるんだ。2番か7番を打たせると思う」と具体的な起用法まで口にしている。更に「ほとんど英語を話さない井口と、オレならコミュニケーションがとれる。(自分は訛っていることでも有名だが)オレの訛りが井口にうつるかもな」と続けている。また、ワールドチャンピオン獲得時にはチームメイトだったアーロン・ロワンド外野手も「打てるし、守れる。特に守備は素晴らしい。井口は言うことなしだろ。勝負強い打撃も記憶に残ってるよ。チュースが戻ってきたら、井口は三塁を守れるしな」と話している。井口は「シカゴを離れるのはやっぱり淋しい」と語ったが、すぐに「フィリーズから高い評価をして頂いたのはありがたい。プレイオフの可能性が残っているチームだし、自分にとっても刺激になる」と力強い言葉を残している。

さて、メジャーではプレイオフ行きを目指すチームが、それを確実にする為に行うトレードをフラッグシップ・ディールと呼んでいる。既に可能性を失ったチームが、年俸の抑制や若手選手との切り替えを考えて実力のある選手を放出しようとし、それを好調なチームが受け入れることで成立するトレードなのだが、井口はこのケースで移籍を果たした最初の日本人選手ということになっている。もちろん、過去にもシーズン中にトレードを経験した日本人選手は存在する。最初は1998年の野茂で、この時はドジャースからメッツへと移籍している。また、マック鈴木が1999年にマリナーズからメッツ、更にロイヤルズへと1週間で2回のトレードが施され、2001年には大家がレッドソックスからエキスポスへと移っている。野手では、昨年メッツから松井(稼)がロッキーズへと放出されてことも記憶に新しい。だが、それらのケースはどれも優勝請負人として請われたわけではなかったのである。
また井口には、このトレードでもう一つ「勲章」を得るチャンスが訪れている。それは、日本人選手として初めてメジャー両リーグでチャンピオンリングを獲得する、というものである。あのイチローや松井(秀)でさえ1つも持っていないリングを2つも獲得するだけですごい話なのだが、それが違うリーグでとなればまた格別なものだと言えるのだ。それだけに新天地でがんばってもらいたいと思うわけである。

で、その井口は早速7月28日に行われた対パイレーツ戦に7番2塁でスタメン出場し、3打数、1安打、1打点をマークしている。ナ・リーグ初安打は先頭打者として打席に入った4回の裏で、パイレーツ先発のシェイン・ユーマンの投球をレフト前に弾き返している。
ユーマンは5回裏にフィリーズ打線に捕まり、無死満塁からパット・バレルに押し出しの四球を与えて降板、2番手として桑田がマウンドに立ったが、その最初の相手が井口というなかなか面白い展開になっている。ここで井口はセンターに犠牲フライを打ち上げ、ナリーグ初打点もマークしたのだ。桑田は井口の移籍を聞き「新しい環境でがんばって欲しい。・・・まぁ、人のことは言っていられないので、自分もがんばる」とコメントしていたが、いきなり井口のがんばりを見せつけられてしまった、というわけである。しかも、その後3ラン本塁打を浴びて2回でマウンドを降りており、散々な一日になってしまった。
この試合を10-5で勝利したフィリーズは、これで貯金を5としてナ・リーグ東地区2位を堅守、首位メッツとの差3.5ゲームを維持している。ワイルドカード争いでもトップのダイヤモンドバックスを2.5ゲーム差で追っており、ここから9月の終わりまでの2ヶ月間に激闘が待っていることを匂わせている。

とにかく、もしフィリーズがポストシーズン行きを決めれば、ジョー・カーターが”ワイルド・シング”ことミッチ・ウリアムスから放ったサヨナラ本塁打でシリーズの行方も決まった1993年のワールドシリーズ以来14年ぶりの快挙となる。ポテトマンことジョン・クラックにダレン・ドールトン、デイブ・ホリンズ、レニー・ダイクストラが顔を揃え、エースの座には(2007年シーズンでメンバー唯一の現役となっている)カート・シリングが君臨していたあの個性派集団が果たせなかったワールドチャンピオン獲得が実現した時、そこに井口の笑顔があれば最高ではあるまいか。だからファンの皆さん、今年は是非”フィラデルフィアっ子”を応援してやってください。

スポンサーサイト

井川轟沈、マウンドで炎上のプロクターは自分の道具にも火を付けて・・・、ヤンキース、末期症状である。

  • 2007/07/02(月) 13:26:19

ヤンキース、いよいよ白旗の時期迫る、という感じである。
6月5日の対ホワイトソックス戦から始まった9連勝で、ヤンクスファンのみならず誰もが「いよいよ来たか」という印象を抱いたはずだったのに、6月19日から始まったコロラドでのロッキーズ3連戦に3連敗、更にナ・リーグ西地区最下位に沈むジャイアンツにも1勝2敗と負け越しただけでなく、続くオリオールズにも2試合連続で敗れ、結局6月は16勝11敗と借金を5個返しただけに留まっている。そして、激しい浮き沈みを見せた6月最後の試合は、まさに歯車が噛み合わないまま失速している今のヤンキースを、象徴するような試合内容となってしまったのだ。

この日、ヤンキースは本拠地にアスレチックスを迎えている。この試合の先発マウンドには井川が立ち、失地回復を果たすべく奮闘するはずだったのだが、結果は6回1/3を投げて5安打、4失点と毎度毎度の煮え切らない投球で降板している。井川にとって先発は8日ぶりとなったが、そのインターバルも微妙に影響を及ぼしたのか、3本の本塁打を打たれたシチュエーションは全て2死からで、ツメの甘さばかりが目立つ内容となってしまったのだ。一発病は投手にとって致命的な事態だが、井川が辛いのは既にマイナーで7週間にも渡る調整を行った上で、まだこうした部分にマイナスポイントを残していることで、更に試合中にはバッテリーを組むポサダがマウンドへ行って指示を出し、ここから意思疎通さえ満足にできていないことも露呈したのである。
井川は試合後「調子は前回と同じくらい。練習中はフォームのことを考えるが、試合中は打者をアウトにすることだけを考えている」と話し、トーレ監督も「前回よりもよくはなっていると思う。連続本塁打を浴びたものの、正しい方向に進んでいると見ている」と井川をフォローするコメントを出したが、実際のマウンドはどうだったかと言えば、フォームも制球も安定しないいつも通りの井川がいただけで、トーレ監督の言葉を裏付ける何かが本当にそこにあったのか疑わしい限りなのだ。

更にこの日は、ヤンキースがおかしくなっていることを実証する事件が起きている。井川に代わって2番手として登場したスコット・プロクターが、なんと自分の野球道具を試合後燃やしてしまったのである。
プロクターはこの試合で1死しかとれず、打者4人で3点を奪われるというドタバタを演じたのだが、このところ彼の登板内容はひどいもので、サンフランシスコでボンズに通算749号本塁打を献上した後、6月23日のジャイアンツ戦ではサヨナラ安打、26日のオリオールズ戦では押し出しでまたサヨナラ負けを演出、と何を投げても結果最悪を繰り返しているのだ。当然、この日も失意の中で降板を告げられると、ヤンキースタジアムのファンからブーイングを浴びるというおまけまでついて、何もせずにうつむいていることさえできなくなっていたのかもしれない。とにかく、ロッカールームに下がったプロクターは、自分の野球道具を持ち出すと、試合が終わった自軍のベンチ前にやってきて、それに火をつけたのである。
プロクターは「今のオレの投球ってさ、ガラクタみたいなもんだから。自信なんてかけらもねーよ」とふてくされたコメントを出しつつ、物が燃える臭いでやってきた爆弾探知犬の頭をただ撫ぜるだけだったというから、もう哀愁以外の何物でもない佇まいである。


とにかく、0-7とアスレチックスに大虐殺とも言える大敗を喫したヤンキースは、打線の湿り加減も凄まじい。アスレチックス先発のチャド・ゴーディンに手も足も出ないまま0を重ね、終わってみればジョニー・デーモンが放ったヒット1本のみという悲劇的な事態を招いていたのだ。ジーター、A・ROD、ポサダと3人も3割打者がいて、それが全く機能しない打線につけるいい薬は今のところ何もない。とにかく3番に入る打者がことごとく打てなくなるのは、何かの呪いがかかっているとしか言いようがない。

7月に入り、オールスターが終われば、メジャーは月末のトレード期限に向って各球団のGMが激しく動くことになる。もちろん、ヤンキースも噂されているイチロー獲得をはじめ何らかのアクションを起こしていくのだろうが、その指揮を執るGMの名前がキャッシュマンではなくなっている可能性が高い。他にも季節は夏だというのに、首筋が寒くて仕方がない者は多いだろう。コワイコワイ・・・。

バリー・ボンズ、珍客襲来に発奮して?750号本塁打を放つ

  • 2007/07/01(日) 13:49:14

さてバリー・ボンズである。
6月29日の対ダイヤモンドバックス戦で今季16号、・・・即ち通算750号本塁打を放って、それこそひたひたという感じでハンク・アーロンの持つ755号のメジャー通算本塁打記録超えに近づいている。
bonds750.jpg

ある意味節目とも言える一発は、8回裏に飛び出している。ダイヤモンドバックスのマウンドにはかつてのチームメイトである「ハンバーガー食って激太り」のリーヴァン・ヘルナンデスが立っていたが、彼の投げた内角へのスライダーをうまくバットに乗せて、打球を右中間スタンドへと運んだのである。何をやっても二言目にはステロイド使用疑惑が取沙汰されるボンズだが、本拠地AT&Tパークのファンはやはりこの男の本塁打にブーイングを発することは難しいようで、「バリー!バリー!」と名前をコールしてダイヤモンドを回るボンズの背中を後押している。

しかし、この試合でボンズの名前がコールされたのは本塁打の時だけではなかった。その直前となる7回表の守備の時にも起きていたのである。なんとこの時、グラウンドに若い男が乱入してレフトのポジションにいたボンズに近づいていったのだ。しかしボンズは逃げたり相手を刺激するようなポーズはとらず、この男と肩を組んで話を聞き、そのままポール際まで一緒に歩いていったのだ。そして、ようやくグラウンドに出てきた警備員に男の身柄を預けたのである。
bondsanddrunker.jpg

男は24歳でノースダコタ州から観戦にやってきたとのことだが、酒に酔っており、これが乱入の引き金になったと見られている。・・・まぁ、あそこは相当田舎だって話でもあるし、サンフランシスコの賑やかさにもヤラれていたのではないかと思うのだが、とにかくそういう状態だったそうなのだ。とにかく、ボンズの落ち着いた対応を見たスタンドのファンは、そのファインプレイぶりを名前コールで称えました、というわけである。ボンズは「オレと握手をしたがってたよ。ああ、だったらオレと一緒に来いよ、って言ったのさ。大人しくオレの言うことをきいてくれたよ」と珍客来襲を振り返っている。

しかし、この一件で真っ青になったのがジャイアンツだった。ボストンでの批判の嵐は当ブログでも既報だが、とにかく敵の多いボンズがいるというのに、グラウンドに出てしまえばほぼ無防備状態だったということを露呈してしまったからである。しかも、7月10日にはオールスター戦を控えており、いつも以上にサンフランシスコ以外からの客が多いという特殊な環境の中で、ボンズを守れるのか?という疑問が起きているのだ。これについてはボウチー監督も「チームの警備態勢は万全だと思う。だが、もう少し厳重にしてもいいと思う」と柔らかい表現ながら苦言を口にしている。

ただ、それでもボンズの人気のなさが好転する様子を見せてはいないのが気がかりなところではある。タイ記録まで残り5本となった今でさえ、まだ野球ファンの声は「ボンズがんばれ!」には統一されていないし、それ以外の人達についても、記録への関心が高まっているという感じがしないのだ。2003年にボンズが、シーズン記録の73本塁打を放った時のようなお祭り騒ぎが100年くらい昔のように思えるほど、彼を取り巻く空気は冷ややかなのである。
それを如実に表しているのはオールスターのファン投票で、地元開催だという利点もありながらボンズはナ・リーグの外野手部門4位に甘んじているのである。ボウチー監督も「オールスターに選ばれるだけの成績を残している」とボンズをフォローするコメントを残しているが、それは思うように票が集まらない為に言わざるを得なくなっているという部分の方が強く伝わってしまうような雰囲気なのである。
そういう意味では、酔客をうまくあしらったボンズの姿は、もしかしたら「あいつ、実はいいヤツなんじゃない?」とファンに思わせるきっかけにはなるのかもしれない。ただ、ボンズのことだから後2本で更新!くらいの状況でオールスターに出て球場を盛り上げるのではなく、オールスター前にそれを成し遂げてしまって更にシラケさせるとか、そういうことやっちゃいそうなんだよなぁ・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。